日常

スプリンターズステークス2020サイン読み馬券|ポスターは今年も青

スプリンターズステークスと同じ日に
開催される今年の凱旋門賞。
武豊騎手はジャパンという馬に騎乗するために
スプリンターズステークスの有力馬ダイアトニック
の騎乗を断り挑みます。

武豊騎手は帰国後2週間の隔離をしてまで挑む
今回の凱旋門賞。
強い2頭の馬がおりますがジャパンも応援したい
ですね。

凱旋門賞の熱い戦いの前にやってくるのがスプリンターズステークス
になります。
今回は、競馬場・WINSに掲載されているポスターから
サインを考察して参ります。

スプリンターズステークスポスター考察

青が基調になっている格好の良いポスターに
仕上っている印象になりますね。
ここからサインをピックアップしてみると・・・。





(スポンサーリンク)

グラフィックポスターの考察

・「颯爽と秋が来た」の文言
・青が基調のポスターのデザイン
・昨年の勝ち馬勝負服と色がリンク
・「S」がかなり強調されている

こんなところですね。

やはり今年も青がポイント?

ポスターの背景色と昨年の勝ち馬である
タワーオブロンドンの勝負服がリンクする青。
今年もこの流れが継続するのでしょう?
ちなみに1年前のポスターはこちら。

こちらも青が基調の色となっており
更にはゴドルフィンの勝ち馬であるファインニードルが
真ん中。
ということは3年連続でこの法則が継続するとなると

・今年のゴドルフィンは”ライトオンキュー”

になります。
人気薄でもありますのでこれは
狙いも建ちそうな馬になりますね。





(スポンサーリンク)

ポスターで強調の「SS」ですが

再び今年のポスターを出しておりますが
ここで注目して頂きたいのは「SS」と言う文字が強調
されていること。

これは何かが匂うな・・・と
そこで馬柱を見てハッとしました!
再びのライトオンキューのサインに!

ライトオンキューに「SS」がいる!

https://db.netkeiba.com/horse/2015101599より引用

ごらんのとおりにライトオンキューの母父である
Raven’s Passに「SS」があります。
先ほどのゴドルフィンに続き2つ目のサインに
なりますね。

ちなみにRaven’s Passは昨年のスプリンターズステークス
の勝ち馬であるタワーオブロンドンの父でも
あります。
このあたりを踏まえるとチャンスが出てきましたね!

まとめます

スプリンターズステークスのポスターサイン読み
考察をやってきましたがここ2年続いている連続性
の通りであればライトオンキューはかなり有力に
なりそう。
でも、ライトオンキューは想定人気の段階ではかなり
の人気薄になります。

2020年の秋G1開幕戦はこのサインで好配当を
GETしてみてたいものですね!
今回も最後までお読み頂きありがとうございました。





(スポンサーリンク)