サイン読み

有馬記念2020サイン予想|ポスター<JRACMから解読される馬

こんにちわ。
このtweetにもあるようにコロナウィルス感染防止対策
を万全にしつつ勝負の3週間に挑みたいですね。

今回は、「JRA有馬記念CM」にフォーカス
してサインを解読して参ります。
今回も意外と意味深なワードがCM最後に出てきておりますので
この意味からピックアップされるサインからチャンスの
ある馬を導き出したいですね。

Contents

有馬記念CMですが

~嵐の前の静けさ篇~
これが今年の有馬記念CMになります。
もう皆さんご覧になったかと思いますが
いかがでしょうか?

流れはコース全体から始まりパドック、観客席
コース、ゲート、スターター、ゲートオープン
という風にレースが始まるまでを壮大に表現して
いる映像になります。

コロナウィルスの流行が終息して早く
このような感じで競馬を観戦したいものですね。
来年それが叶うと良いなと切に願っております。

有馬記念CMに出る最後の文言


https://www.youtube.com/watch?v=Kl9V4uEj5D8&feature=emb_logoより引用

「また来年、会えますように」
この文言にサインが隠されているのでは?
私はそう思いました。
そのサイン候補ですが

有馬記念CMサイン読み隠された意味

「また来年、会えますように」
と言うことは来年はこのレースで走る機会
の無い馬が関係してくるのでは?

と私は読みました。
となるとアノ有力馬はこのサイン読みでは
厳しくなりそうかんなと。

ラッキーライラックはここが引退レース

有馬記念を最後に引退が発表されている
ラッキーライラック。
この有馬記念CMのサイン読みでは来年会うことの出来ない馬に
なりますね。

となるとこの馬はこのサインから消しと考えて
も良いのかもしれませんね。

サラキアもシルクレーシングの馬で6歳春には
おおよその馬が引退する傾向にありますので
このサインからは消しで良いのかもしれませんね。

ラッキーライラックのルメール騎手のジャッジ

このようにルメール騎手もラッキーライラックの
強さは認めつつ距離が少し長いとジャッジして
います。
と言うことは「また来年、あえますように」
の文言のサインではますますキビシイのかもしれませんね。

また来年会える馬はリピーターとして注目

有馬記念はリピーターの活躍するレース。

ここ5年の有馬記念では

・キタサンブラック馬券圏内3回
・シュヴァルグラン馬券圏内2回
・ゴールドアクター馬券圏内2回

このような強力なリピーターが存在しています。
この3頭で馬券席数15席の内7席を占めておりますので
サイン馬(来年も会える馬)は覚えておくと良いことが
あるのかもしれませんね。

有馬記念CMのサイン読みまとめ

今回は、有馬記念CMからサイン読みを
してみました。
CM最後の文言である「また来年、あえますように」
この文言のサインからはこのレースで引退表明を
しているラッキーライラックには厳しくなりそう
な気配もしますし同じクラブ馬主の馬であるサラキアも
同様な事が言えそうかと。

まだまだ興味深いサイン読みは続きそうですので
ネタがあり次第アップして参ります。
今回も最後までお読み頂きありがとうございました。