日常

マスクをネット出品していた静岡県議は誰?転売で1000万売上? 

こんにちは。
このツィートにもあるようにマスクが店頭不足に
なっている中、静岡県議会議員がマスクをネットに
出品していたことが話題になっています。

その静岡県議は誰でいくら売り上げたのか?
深堀していきます。





(スポンサーリンク)

マスクをネット出品していた静岡県議は諸田洋之議員

これまでの経歴
・建設会社員
・IT関連企業の社長
・小学校PTA会長

・2019年の静岡県議会議員選挙で16,772票獲得して県議会議員当選
・昭和41年9月5日生まれで家族は妻と息子3人

このような経歴を持っている諸田洋之議員です。
法政大学院ではMBAを取得するなど商才はこの
時期からあったようですね。
それにしてもマスクの転売って・・。

諸田洋之議員は記者も直撃にこんな答えを

「転売品ではなく、問題ない」

「出品時は1円からスタートしている。落札は相場価格だ」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200307-00000006-at_s-l22
より引用

マスクの転売の取材で記者の直撃取材
にこのように答えています。

「転売品ではなく問題ない」
これは、かなり波紋を呼ぶ答えになりそうですね。
欲しい人のところに届いていない現状において
ネットでしかも落札方式で出品するのは議員としては
いかがなものなんでしょうか?

出品時は1円からスタートしている。落札は相場価格だ

この発言も・・・。

(注意 この画像は諸田洋之議員出品の物ではありません)
入札方式であればこのツィートのように青天井で
金額を入れる事ができるわけです。
(実際には入れないわけですが)
やはり本当にマスクが欲しい人がこの1円からスタートであれば
高額でも入札する人も想定されるかと。
諸田洋之議員の「落札は相場価格だ」の発言は
整合性がないような気がしますが・・・。

この法律が早く施行されて欲しいものですね。





(スポンサーリンク)

諸田洋之議員のマスク転売の売り上げは1千万円を超える!?

このツィートが本当であれば>諸田洋之議員のマスク転売の売り上げは
1000万円を超えるとの情報もあります。
これは随分と荒稼ぎしているようですね。

日本がある意味国難の時に瀕している中でこのような
ことがあって良いことではないですね。
ましては静岡県民の税金がから給与が支払われている
県議会議員がこんなことをするなんて・・・。
次の選挙の前に審判がくだりそうな感じがしますね。

ネットの声ですが





(スポンサーリンク)

まとめます

マスクをネット出品していた静岡県議は誰?
ということで諸田洋之議員を深堀しました。
立派な経歴があるのに本当に残念な話題になりますね。

次の県議会議員選挙で審判を受けることになりますが

結果は・・・。
個人的にも昨今のマスク不足で困っている立場になりますので
今回のこの話題は頂けないことですね。
今回も最後までお読みいただきありがとうございました。